新型コロナウイルス騒動後

5/4に緊急事態宣言の継続のための首相の会見があるみたいだが,具体的な内容を語ってくれるのかな.期待はしてないけど.

専門家委員会の内容は,何をいっているのかよくわからないからな.
何がどうなったら,何ができるのかがさっぱりわからない.

緊急事態宣言後,全国展開後,当初の宣言期間後の想定を,具体的な数字を示してもらって,何がどう改善されているか,悪化しているか,それがどの状況になったら宣言が解除されるのかを示して貰わないとさっぱりわからん.
助成金もらうための申請の時に行政はそれを求めるのに,国民に自粛を要請するときは抽象的な表現で済ますって,自分勝手にも程がある.
政府の対策も,次に備えた対策を何もやってないから,この状況は続く気がする.
この前の補正予算で,収束後を見据えたGO TO キャンペーンなる既存の枠組みの復興予算を組んだが,倒産は増えるだろうし,残った企業や個人も大分痛んでいるので,すぐには立ち上がらない人が多いから意味がないかな.
今は,収束後すぐに立ち上がれるように,個人や企業を支援すべきなんだが,官僚は個人に金を渡したくないから,政治家が強く指示しないかぎり,そういう法案は立案しないし,トップの政治家は痛みなんて想像出来ないから,官僚が作った法案をそのまま通すだけだし.
あまりにも酷い法案で,国民の猛反発喰らったものは,少し修正されるくらいだもんな.

今回のパンデミックはコロナウイルスなんで,多分梅雨の時期を迎えれば一旦収束する可能性が高いと私は見ている.
もし,抗体事態がインフルエンザと同じ一年持たないのであれば,次の冬までにワクチンができない限りは,大流行する可能性が高い.報道を見る限りでは,この冬までには出来そうにないから,同じような状況になる.
このウイルスのやっかいなのは,感染率が高いため発症する人数が多いのと,ICUまで行く患者がそこそこ出るということなので,流行すると,インフルエンザのように放置しておくことは出来ないということ.

このことは,日本人全体がわかっていることなので,一旦収束を迎えた時にその準備に入る可能性が高いとみている.

今回の騒動で以下の認識が確認されたと思う.
・都会(特に東京)の家賃が高すぎるリスク
・都会における密集状態のリスク
・中小零細企業であることのリスク
・サプライチェーンのグローバル化によるリスク
・オンライン化の重要性
・キャッスレス化の重要性

企業も個人も,コロナ収束後は,今後に備えて上記の対応を優先して動いていく可能性が高いんじゃないかな.
特に,今回政府が何もしてくれないってことがわかったので,今回と同様のことが起きても企業継続ができる方策をとるのが普通.特に,今回は,もう一度,同様な状況を迎える可能性が高いからね.
そうすると従来の景気対策をしても効果は無いと思う.金の使い方がそっちにはいかない.

それよりも,個人や企業が上のような対策をしていくと,日本構造が変わっていくので,自民党や官僚が守ってきた既得権益で守られてきた人たちが,儲けられないような構造になる気がする.
今回の騒動が,幸か不幸か,日本にとっては,やっと良い方向に向くという皮肉な結果になりそうなのが,情けないけど.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です